夫婦で誓いの更新を
ハワイの美しいロケーションで「再び結婚式」
2人の歩んできた道にもう一度愛の誓いを立てよう。

注意点

トホホな失敗から学んで、ハワイ挙式を成功させましょう

はじめに

海外挙式の定番、そして日本人カップルの受け入れに慣れているハワイ。

とはいえ挙げるお二人にとっては、国内挙式以上に気をつかうもの。

特にゲストご自身に、 はるばるやってきて「残念なハワイ」なんて思いはさせたくありませんね。

失敗しないためには、失敗例から学びましょう。

ハワイ挙式でのトホホな出来事、まとめてみました。

到着編

空港で出迎えるプルメリアの香り、ビーチに漂うココナッツオイルの匂い。

食事では慣れない香辛料、店員さんの香水。

娘のハワイ挙式で、初海外旅行の両親が、あらゆる匂いに酔わされてダウン。

現地での体調管理に、時差、水、食べ物へのアドバイスはできても、意外に盲点なのが、匂いです。

ファッション編

堅苦しくないよう、アロハシャツでの参列を提案。

ところがジーンズにスニーカー、ハーフパンツにビーチサンダルの挙式NGコーデに。

親同士に連絡を任せたら、ハワイアンスタイルと日本式ブラックフォーマルとのちぐはぐな参列に。

着心地がラクなだけで、ラフではないハワイの正装。

決まり事は予めお知らせを。

また両家の連絡はお二人で取りしきる方が安心です。

教会編

新郎の妹が職場で土産話をした時、連呼した教会が、実は本当の教会ではなかったと、ハワイ好きの先輩より教わる。

後日新郎に、恥をかいたわ、のメールが。

「チャーチとチャペルのちがい」、お二人が分かっていればいい、で済ませると意外な所に落とし穴が作られてしまうものです。

パーティー編

挙式後、人気のレストランでプチ披露宴。

二人もホストとホステスとして感謝のおもてなしに大はりきり。

やがて親戚も友人も「無礼講」状態に。

ニッポン式宴会に、地元客の視線の冷たさといったら。

親しみあっても、やはり外国です。

日本人が考える以上にマナーを重視する文化を尊重したいもの。

それら含めて楽しめるか否かは、お二人のゲストへの配慮とコミュニケーション力にかかってきます。

まとめ

いかがでしたか?失敗例は、経緯が具体的で気をつけるポイントが明確です。

そして、これからのお二人に活かされれば、失敗も救われることでしょう。

関連記事

  1. 楽しく1日を過ごす!バウリニューアル婚を行う際の3つの注意点
  2. ハワイ挙式をする際に気をつけるべき注意点
  3. ハワイ挙式の際の目が届きにくい注意点
  4. ハワイ挙式を行うための式場選びの注意点
  5. せっかくのハワイ挙式で失敗しないために知っておきたいコツ
  6. ハワイで挙式をあげる際に注意すべき三つのこと!
  7. カップルが納得してハワイで挙式を挙げる際の注意点
  8. 知らないと損!バウリニューアル婚をする時の3つの大きな注意点

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

LINEでのお問い合わせはこちらから

PAGE TOP