夫婦で誓いの更新を
ハワイの美しいロケーションで「再び結婚式」
2人の歩んできた道にもう一度愛の誓いを立てよう。

注意点

ハワイで挙式をあげる際に注意すべき三つのこと!

はじめに

今現在ハワイで挙式をあげるということは別段珍しいことではありません。

旅行費用さえ抜けば日本で挙式をあげるのとなんら変わらない費用でハワイで憧れの結婚式をあげることができます。

ですが費用は変わらなくても海外であるハワイであげる以上、注意すべき点がいくつか存在しています。

今回はその中でも特に注意すべき点を三つほど紹介させていただきます。

招待する人に予定をあわせる

日本で行う結婚式であれば気兼ねなくゲストを招くことができますが、海外ともなれば話は変わって来ます。

友達のために少し暇を見つけて行くには海外は少々遠すぎるのです。

それを逆手にとって、なんのしがらみもなく呼びたい人だけ呼べるというのも大きな利点ですが来てほしいゲストに時間をあわせないと呼びたい人すら来てくれないという事態が発生してしまいます。

この話は何もハワイに限った話ではありません。

海外で挙式をあげる場合には絶対に気をつけなければならないことなのです。

もしも海外で挙式をあげるのであれば、ゲストの予定は全て把握しておきたいところです。

両家には様々な面で気を使おう

ハワイで挙式をあげる際には日本で挙式をあげる以上に両家に様々な面で気を使う必要が出てきます。

ホテル、食べ物、飛行機などこちらが準備しなければならない点がとても増えるからです。

特にホテルに関しては細心の注意を払う必要があります。

もしホテルが悪くても常識を持った方であればその場で何かを言ってくるということはしないでしょう。

ですが必ずその時抑えた感情は後々大きな遺恨を生み出してしまうのです。

ホテルは出来る限り新郎新婦と同じクラスのものを準備し、当日の食べ物や飛行機内でのサービス、会話などありとあらゆるところに気を配りましょう。

背伸びをしない適切な手配会社を選ぼう

ウェディング会社選びはハワイで挙式をあげようと思ったら最も注意しなければならない部分かもしれません。

手配会社によって内容、場所、サービス、費用全てが違います。

ハワイで挙式をあげようとしている人は大抵の場合理想を全て追求しようとする傾向があります。

受けることのできるサービスは借金してでも受けようとする人が多いのです。

そんなことをしていたら後々の結婚生活に支障が出てきてしまいます。

最低限満足できるところは抑え、カットできるところはカットしていく必要があるでしょう。

手配会社選びは無理なく、背伸びしすぎないことが大切です。

まとめ

もし海外で挙式をあげるのであれば、日本であげる時には必要なかった注意が必要になります。

また、日本であげる時に注意しなければならない点にも一層注意する必要があるでしょう。

そういったもの全てをプランナーの方が教えてくれるというわけではないので、一体何に気をつけて準備していかなければいけないのか、この記事を踏まえて是非自分で調べて知って行ってください。

海外での挙式に失敗しないためにはいくら注意しても足りません。

最善を尽くして本番を迎えるようにしましょう。

関連記事

  1. ハワイでの挙式に後悔しないため、最低限これだけは注意しよう!
  2. カップルが納得してハワイで挙式を挙げる際の注意点
  3. ハワイ挙式をする際に気をつけるべき注意点
  4. 楽しく1日を過ごす!バウリニューアル婚を行う際の3つの注意点
  5. 知らないと損!バウリニューアル婚をする時の3つの大きな注意点
  6. ハワイ挙式を行うための式場選びの注意点
  7. トホホな失敗から学んで、ハワイ挙式を成功させましょう
  8. ハワイ挙式の際の目が届きにくい注意点

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

LINEでのお問い合わせはこちらから

PAGE TOP