夫婦で誓いの更新を
ハワイの美しいロケーションで「再び結婚式」
2人の歩んできた道にもう一度愛の誓いを立てよう。

注意点

ハワイでの挙式に後悔しないため、最低限これだけは注意しよう!

はじめに

ハワイで挙式をあげるなんて、まるで夢のように感じるかもしれません。

またそのような贅沢なことが行える人はきっとその全てのことに満足しているのだろうとも思うことでしょう。

しかしハワイで挙式をあげた人の一部はその内容に大きな不満と後悔を抱くことになります。

しなければならない必要な注意を怠ってしまったためです。

ここではそのようなことにならないよう、最低限注意すべきいくつかのことを紹介させていただきます。

お金を使いすぎてはいけない!

ハワイで挙式をあげた人の多くが後々お金をつかいすぎたことを後悔しています。

その時は「一生の思い出だから…」とついついたくさんのオプションを選択してしまうでしょうし、ついつい予算より無理をした場所を選択してしまいがちです。

ですが、その時はよかれと思ってお金をかけていても時が経てば経つほどその時の行動は後悔へと変わっていってしまいます。

後々お金を使いすぎたと後悔しないよう、無理ないプラン作りを心がけましょう。

ハワイへは可能であれば下見に行こう!

日本で結婚式をあげるのであれば、式場を選ぶ際に恐らく誰もが一度は下見をすることでしょう。

その結果写真のイメージと実物が大きくかけ離れており式場を変更するということも多々あると聞きます。

ですがハワイで式をあげるとなるとそう簡単に現地に下見に行くことはできません。

往復するだけで10万円近い予算がかかってしまうので、それであればその分結婚式をよりゴージャスなものに変えるという人が多いのではないでしょうか?

ハワイで挙式をあげた人が後々会場選びに失敗したと感じることは非常に多いです。

痛い出費に感じられるかもしれませんが、少し無理をしてでも会場を決める際には実際にハワイまで下見に行ってから決めることをオススメします。

最低限の英会話を身につけておこう!

ハワイでの挙式にはプランナーの方がついてきてくれるとはいえ、その場でのトラブルには基本的に一人で対応しなければなりません。

そうなった際に最低限の英語も話せないと非常に苦労をすることになってしまいます。

ハワイに限らず海外で挙式をあげるのであれば、最低限の英会話は身につけておいたほうが良いでしょう。

今ではそういった最低限の英会話を事前にレクチャーしてくれる手配会社も多いと聞きます。

手配会社を決める際には英会話をそこで学ぶことができるかどうか事前に尋ねてから決めることをオススメします。

まとめ

下見や、他者とのコミュニケーションなど日本では簡単に行えたようなことがハワイでは簡単に行うことができなくなってしまいます。

ハワイで結婚式をあげるということはとても魅力的なことですが、その分大きな疲労が伴い、様々な点に注意しなければならないということを覚えておいたほうが良いでしょう。

また当日の式事体を成功させることができたとしても、後々後悔するようなことがないかしっかりと考えてプランを決めていく必要があります。

憧れのハワイということで多少気分が高揚していろいろ無茶をしてしまいたくなるでしょうが、そういった無茶をしないよう心がける必要もあるでしょう。

関連記事

  1. 楽しく1日を過ごす!バウリニューアル婚を行う際の3つの注意点
  2. ハワイで挙式をあげる際に注意すべき三つのこと!
  3. トホホな失敗から学んで、ハワイ挙式を成功させましょう
  4. ハワイ挙式を行うための式場選びの注意点
  5. ハワイ挙式をする際に気をつけるべき注意点
  6. 知らないと損!バウリニューアル婚をする時の3つの大きな注意点
  7. ハワイ挙式の際の目が届きにくい注意点
  8. カップルが納得してハワイで挙式を挙げる際の注意点

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

LINEでのお問い合わせはこちらから

PAGE TOP