最新情報

ハワイ挙式をする際には特に気をつけないといけないポイント

はじめに

多くのカップルにとってハワイで結婚式を挙げるということは非常に憧れを持っているケースが多いでしょう。

しかし、海外で挙式をするということは、なかなか日本とは違う面もあるため、それ相応の注意をする必要があります。

ハワイ挙式で気をつけなくてはいけないこと

ハワイ挙式で気をつけなくてはいけないことというと、どんなことがあるでしょうか?1番のポイントとしては招待客の問題です。

ハワイというのは、海外における式場の場所としては定番ですが、日本からは距離が離れており、簡単に行ける場所ではありません。

交通費や宿泊費は招待する側が負担をするとしても、単純に移動の時間が長いですから、疲労も溜まりやすいです。

飛行機で片道7時間近くかかるので、やはりちょっと抵抗を感じる人も中にはいるでしょう。

そういった理由から、ハワイ挙式を挙げるときには、どれだけ招待客が参加してきてくれるか?という懸念がどうしてもあります。

どれくらいの招待客がきてくれるか考えよう

ハワイにタダで行けるからという理由で喜んできてくれる人もいますが、ちょっと遠すぎるという理由で欠席をする率は、国内で挙式挙げるケースと比べたら間違いなく多いと思われます。

こういった事情を配慮してか、ハワイで結婚式を挙げる人たちの中には、身内だけなど少人数で行う場合も多くあります。

芸能人はこのケースは特に珍しくありません。

結婚式はどうしても自分たちだけではなく、周りの人間も巻き込むので、自分たちの都合だけを優先させるわけにもいかないのです。

ハワイで結婚式をやるならば招待客に関して、国内でやる場合とは違った心遣いが必要になるので、ちょっと難しい面もあるということです。

挙式に関わる細かい部分までリサーチしておこう

前述した通りハワイで結婚式を挙げるときに浮上してくる問題は様々です。

どういう形で結婚式を行いたいのか?という希望も合わせて、ハワイで行う挙式について考えていくと良いと思います。

ハワイ挙式で気をつけないといけないことは多くあるものの、どうしても招待客に関しての地理的な事情と移動にかかわる問題はつきまとうので、知っておいた方が良いと思います。

さいごに

ハワイ挙式をする際には綿密にリサーチをしておきましょう。

実際に頭の中でイメージしてハワイについた時点からイメージしていくと挙式以外の移動であったり細かい部分が見えてくると思いますよ。

参考にしてみてくださいね。

ハワイ挙式をするにあたって気をつけないと失敗するポイント

はじめに

ハワイ挙式をするというと、当然会場は海外になります。

日本で挙式をする場合と比べて、明らかな違いがあります。

その1つが時差です。

海外挙式をする際に気をつけるべき時差

国内で結婚式を挙げる場合には、こんなことは考慮する必要はありませんが、ハワイになるとそれなりの時差が生まれます。

時差が結婚式にどういう影響を与えるか?というと、時差による体調やコンディションの問題です。

当然時差があれば、時差ボケが起きると思います。

それは現地に着いてすぐに治るわけではありません。

そこそこ時間がかかるのです。

つまり、現地に着いてから、結婚式当日までに時間があまりないと、それだけ時差ボケを抱えたまま式を挙げないといけないことになってしまいます。

それはさすがにマズイでしょう。

時差ボケを考慮しよう

当然、結婚式を挙げるのは昼間ですから、時差ボケが治っていないと、眠い中で行わないといけないということになってしまいます。

せっかくハワイまで来て憧れの結婚式を挙げるというのに、コンディションがそういった状態では、さすがにもったいないというか、思い出にも残りづらいでしょう。

つまり、万全のコンディションを整えて結婚式を挙げるには、ハワイに着いてから、時間を空けて時差ボケが治ってからにするべきなのです。

人によって時差ボケが治る日数は違います

ハワイに着いてから、当日というのはありえないと思いますが、翌日とか、2日後とかだと、まだ完全には現地の時間に慣れていない可能性もあると思います。

どれくらいで時差ボケが治るか?というのは人それぞれで違いますから、確実には言えません。

しかし、できるだけ式当日までに時間を空けた方が良いのは間違いないです。

さいごに

海外で結婚式を挙げるときに特有の事情ですから、普段からほとんど海外に行かないという方は忘れていることかもしれませんけど、ハワイで素敵な結婚式を挙げたいならば、こういった部分まできちんと考えて、ハワイ挙式の計画を立てていきましょう。

本当に細かいところまで事前に気を使えれば、2人にとって思い出に残るハワイでの結婚式となると思いますから。

思い出になること間違いなし!一風変わった挙式会場

はじめに

挙式と言えば、通常であれば一生に一度だけの大切な思い出の場です。

だからこそ、挙式を行なう場所にはこだわりたいものだと思います。

最近はハワイで挙式を行なうケースが増えているそうです。

ハワイは常に爽やかな気候であり、挙式を行なうにはもってこいの雰囲気ですので、ハワイでの挙式が増えていることには納得です。

一風変わった式場

さて、ハワイにはたくさんの式場が佇んでいます。

海にほど近い綺麗な教会もあれば、牧歌的な雰囲気を漂わせるのどかな式場もありますので、式場選びにはかなり迷うと思います。

無数にある式場の中には一風変わったものもあったりしますので、この記事ではそんな一風変わった式場を紹介したいと思います。

元大相撲力士小錦さんの自宅

突然ですが、小錦さんをご存知でしょうか。

恐らくはご存知の方が多いことでしょう。

小錦さんと言えば、ハワイ州オアフ島出身の元大相撲力士であり、今はタレント活動に精を出している有名人です。

どうして唐突に小錦さんを話題に出したのかと言えば、それは当然ながら一風変わった式場に関係があるからです。

なんと驚くべきことに、ハワイにある小錦さんの自宅で、挙式を行なうことができるのです。

小錦さんの自宅は、ワイキキから車で1時間弱のところにあるナナクリという場所にあります。

かなりの大邸宅であり、小錦さんの像なども佇んでいます。

小錦邸で挙式をするメリット

元々は小錦さんの関係者だけが式場として利用できていたそうですが、最近は一般向けにも貸し出しており、誰でも小錦邸で挙式を行なうことができるのです。

小錦邸の眼前には広大な海が広がっており、非常に綺麗な景色を眺めながらの挙式は最高に違いありません。

また、都合さえ合えば小錦さん本人から祝福の電話をもらえたりなど、粋な計らいもあったりします。

さいごに

このように、ハワイならではの挙式を行ないたいという方には、小錦さんの邸宅という選択肢もあります。

一生忘れられない挙式になるのは間違いありませんので、是非ご検討ください。

ハワイ挙式を行うための式場選びで気をつけないといけないこと

はじめに

ハワイで結婚式を挙げるためには、実はいろいろな点に気を配らないといけません。

海外で挙式をあげるというのは、想像以上に大変です。

国内での挙式と比べると、やはり未知な部分も多いですから。

結婚式場を選ぶ際は気をつけましょう

特に海外での結婚式場を選ぶ瞬間が1番気を使わないといけないでしょう。

それはどうしてか?というと、実際に式場を気軽に見学することが不可能だからです。

見学のために1度海外に行って見てもらっても良いのですが、それをできる人は多くないと思われます。

ハワイまで行って結婚式場を見学しながら、どこが良いか?を決めて、また帰ってくるという手間をかけられる人はそうはないないですから。

そうなると、見学しない前提で式場を選ばざるを得ないということになります。

後悔しない式場選びをしよう

当然、自分の目で直接見ないで選ぶとなると、それは注意が必要です。

思ったのと違ったとか、そういった後悔が生まれる確率が上がりますから。

しかし、実際のハワイの式場を見学しないで選ぶという場合でも、事前に綿密に検討をしていけば、後悔しない式場選びはできるはずです。

ハワイでの結婚式の式場選びはもちろん日本で行うので、そこではいかに多くの資料を見られるか?そして、いかに慎重に見比べて検討できるか?ここが大切になります。

結婚式場の立地、周囲の環境、中の収容人数や規模、そして、外観、内装の様子などをデータや写真でしっかりと確認します。

そして、いくつかのハワイの式場を1つ1つ同様の方法で確認をして、それらを比較し、どこが良いか?を最終的に決めるということになります。

検討の段階で隙を作らないようにしよう

検討に使える資料はできるだけ多いほうが良いでしょうから、気になることがあれば、式場選びの会社の人にどんどん質問していった方が良いです。

直接見学できないわけですから、検討の段階で隙を作らないことが大切で、1番詳しい人間から多くの情報を聞き出すことを心がけましょう。

そして、できるならば過去にそれぞれの式場を利用した人の感想や口コミなどがあれば、そういったものも利用していってください。

ハワイ挙式をするにあたっての式場選びでは、本当に慎重で丁寧な作業が必要になるのです。

さいごに

海外で挙式をするのは想像以上に大変なことですが、しっかりリサーチして式場を決め良い挙式を作り上げていきましょう。

きっと挙式を作りこんでいく過程で新郎新婦の二人の仲がさらに深まっていくことでしょう。

ハワイ挙式で失敗しないコツは入念な準備

はじめに

ついに出会った運命の人と交際が進み結婚できるというのは素晴らしいことですが、熱く燃えて愛し合っている二人が結婚式を挙げることができるとすればこれほど素敵なことはありません。

それも日本ではなくハワイ挙式ができるとすれば申し分のないものとなるでしょう。

ハワイでの挙式

参加者は少なくなるかもしれませんが、家族や親しい友人は参加できるかもしれず、こじんまりとした中でしかしロケーションは最高という実にリゾートでのウェディングは魅力に溢れています。

そんなハワイ挙式で失敗しないためにできることは入念な準備ということに尽きます。

二人で何度も話し合い段取りを決めていくことができます。

どこで挙式をするか入念に選ぼう

特にどこで挙式をするかという日程に関しては一番の関心事になるに違いありません。

ホテルウェディングはその後の食事会や宿泊という面で便利かもしれませんし、チャペルでの式であれば、小さいばからも装飾が見事であり、すべてが花嫁のために作られているかのようです。

どこで挙式をするかによってプランやその後の足の運びが変わってきますのでしっかりと相談して決めていきましょう。

本物の教会で式をあげるのか決めよう

挙式会場の他にもう一つ考慮したいのが本物の教会で式を挙げるということです。

ホテルもチャペルもすべてセットになっていてプランは決めやすいのですが、どうしてもビジネスの要素が入ってくるので費用は高めになってしまいます。

荘厳な教会であればその広さと威厳そして重みのある雰囲気に酔いしれることができ、それはまた思い出に残るものとなるはずです。

教会での式であればかなり費用を節約できるというメリットがあります。

またハワイは基本どんな時期であってもリゾートの夏なのですが、ハイシーズンとローシーズンがあります。

観光客が訪れる時期は飛行機のチケットがどうしても高くついてしまいますので、そうした時期を外してプランを組むことができれば、より節約ができるかもしれません。

さいごに

その他にもフォトに関することやドレス、食事のこと、結婚式の後にどこに行くかなど、すべての計画が楽しくて楽しくてわくわくすることばかりでしょう。

できるだけお互いのコミュニケーションをしっかり取ることができれば、挙式のプランは成功して素敵なハワイ挙式となるでしょう。

トホホな失敗から学んで、ハワイ挙式を成功させましょう

はじめに

海外挙式の定番、そして日本人カップルの受け入れに慣れているハワイ。

とはいえ挙げるお二人にとっては、国内挙式以上に気をつかうもの。

特にゲストご自身に、 はるばるやってきて「残念なハワイ」なんて思いはさせたくありませんね。

失敗しないためには、失敗例から学びましょう。

ハワイ挙式でのトホホな出来事、まとめてみました。

到着編

空港で出迎えるプルメリアの香り、ビーチに漂うココナッツオイルの匂い。

食事では慣れない香辛料、店員さんの香水。

娘のハワイ挙式で、初海外旅行の両親が、あらゆる匂いに酔わされてダウン。

現地での体調管理に、時差、水、食べ物へのアドバイスはできても、意外に盲点なのが、匂いです。

ファッション編

堅苦しくないよう、アロハシャツでの参列を提案。

ところがジーンズにスニーカー、ハーフパンツにビーチサンダルの挙式NGコーデに。

親同士に連絡を任せたら、ハワイアンスタイルと日本式ブラックフォーマルとのちぐはぐな参列に。

着心地がラクなだけで、ラフではないハワイの正装。

決まり事は予めお知らせを。

また両家の連絡はお二人で取りしきる方が安心です。

教会編

新郎の妹が職場で土産話をした時、連呼した教会が、実は本当の教会ではなかったと、ハワイ好きの先輩より教わる。

後日新郎に、恥をかいたわ、のメールが。

「チャーチとチャペルのちがい」、お二人が分かっていればいい、で済ませると意外な所に落とし穴が作られてしまうものです。

パーティー編

挙式後、人気のレストランでプチ披露宴。

二人もホストとホステスとして感謝のおもてなしに大はりきり。

やがて親戚も友人も「無礼講」状態に。

ニッポン式宴会に、地元客の視線の冷たさといったら。

親しみあっても、やはり外国です。

日本人が考える以上にマナーを重視する文化を尊重したいもの。

それら含めて楽しめるか否かは、お二人のゲストへの配慮とコミュニケーション力にかかってきます。

さいごに

いかがでしたか?失敗例は、経緯が具体的で気をつけるポイントが明確です。

そして、これからのお二人に活かされれば、失敗も救われることでしょう。

せっかくのハワイ挙式で失敗しないために知っておきたいコツ

はじめに

ハワイで結婚式を挙げられる経験というのは、なかなかないですから、多くの方から羨ましいとか、そういった思いで見られている可能性もあります。

つまり、ハワイ挙式というのは、本当に一部の人しかできないので、相当恵まれている状況にはあると言えるかもしれません。

しかし、慣れない海外で結婚式を挙げるということは、それだけ失敗する可能性も大きいと思うので、そうならないために事前にそれを避けるための方策を考えていきましょう。

ハワイ挙式で失敗しないコツ

ハワイ挙式で失敗しないコツというのは、どういったものになるでしょうか?

ハワイで結婚式を挙げる場合に、1番考慮しないといけない点は準備期間です。

というのも、日本で結婚式を挙げるのは、たいてい日本人です。

しかし、ハワイで結婚式を挙げるのは日本人だけではありません。

言ってしまえば、世界中の人がハワイで結婚式を行う可能性があります。

この差は大きいです。

ハワイという場所は、それだけ結婚式の場所として人気スポットになっているのです。

したがって、式場が埋まるのが早いので、日本で行う場合と同じ感覚でやっていてはいけないということになるます。

準備期間はしっかりと

準備には長期間かけて、長い目で行っていく必要があるでしょう。

そのためにはハワイのどこで結婚式を挙げるのか?いつ行うのか?それをまず決めます。

そして、希望の日から、最低でも半年前までには結婚式を手配してくれる会社に依頼して、準備を進めてもらうということが必要になるのです。

動き始めは早めに

結婚式を行うために2人ですべきことというのは、日本で結婚式を挙げる場合と大差ないです。

ですが、本番の日取りから逆算した場合の動き始めるタイミングというのは、かなり早めにしておかないと人気の場所は埋まるのが早いです。

ですので、希望の日に希望の場所でのハワイ挙式が不可能になってしまうこともあります。

さいごに

今まで挙げた内容がハワイ挙式を行う際の気をつけないといけないポイントであるとともに失敗しないために知っておくと良いコツです。

せっかくハワイ挙式を行うならば、希望の日に希望の場所で実現させたいでしょうから、とにかく準備は早めというのを意識しておきましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ